女の人

腸閉塞は心配いらない|手術で改善可能な病気

このエントリーをはてなブックマークに追加

リンパ球ががん化する

男性

悪性リンパ腫はリンパ球ががん化する病気で、ホジキン病と非ホジキンリンパ腫に大別されます。日本人に多い非ホジキンリンパ腫の方が予後は悪いですが、いろいろな治療の組み合わせによって治療成績は向上してきています。

もっと見る

稀な小腸のがん

看護師

発生頻度の低い稀ながんとして十二指腸がんがあります。原因は未だによくわかっていませんが、家族性ポリポーシスの家系の人に十二指腸ポリープや十二指腸がんが多いようです。がんが進行すると腹痛や嘔気嘔吐、黄疸などの症状があらわれます。早期発見のために年に一回は内視鏡検査を受けましょう。

もっと見る

腸の動きが悪くなったら

カウンセリング

腸閉塞はイレウスともいい、腸の一部が狭くなったり、腸そのもの動きが止まる事によって引き起こされる主な症状の事です。排ガスや排便などの生理現象が正常に機能しなくなり、腸液やガス、排せつ物が体内に留まり続ける状態になります。主な症状は激しい腹部の痛みに吐き気および嘔吐です。特に腸閉塞を罹患して最初に襲われるのが激しい腹痛で、刺すような痛みから疝痛と呼ばれています。症状が酷くなると腸の内容物が逆流してしまい、便の臭いがする汚物を吐く事もあります。重症化した場合は腸管が壊死し、腹膜炎を発症して最悪死に至りますが、そこまで悪化するのは稀です。腸閉塞の原因は開腹手術、大腸がん、ヘルニア、重度の胃潰瘍などです。

腸閉塞は「機械的」と「機能性」の二種類が存在し、それぞれで原因が異なります。その内、機械的腸閉塞は更に単純性と複雑性に分かれます。単純性は開腹手術による腸管の癒着が原因で発生します。複雑性は胃潰瘍やヘルニアが原因で腸が閉塞してしまった状態です。単純性は血流まで阻害されませんが、複雑性は腸が締めつけられた状態ですので、壊死を起こす可能性があります。機能性は神経や炎症などで腸の運動が阻害された事が原因で引き起こされた腸閉塞です。腸閉塞の治療は鼻から吸引チューブを入れる方法と開腹手術の二種類があります。腸管の癒着が原因の場合は開腹手術を、それ以外の場合は吸引チューブによる治療になります。どちらも絶食を前提に行う治療です。

すい臓の悪性疾患

医者

すい臓がんはすい臓にできる悪性腫瘍の事です。胃がんや肺がんと比べて罹患者は少ないですが、死亡率が高く、初期症状が殆ど出ません。すい臓がん自体は比較的容易に発見できるので、定期的な健康診断が重要となります。

もっと見る