探偵事務所に寄せられる相談内容ランキング

喧嘩
no.1

浮気・不倫調査

探偵事務所に寄せられる相談の8割以上が、浮気や不倫に関する内容だといわれています。特に離婚を前提としている場合は、慰謝料の請求のために証拠が必要となるので、証拠集めを依頼する人が多いです。

no.2

人探し・家出人探し

警察に人探しを依頼しても、事件が発生しない限り本格的に動いてはくれません。そのため、探偵事務所に家出人などの調査を依頼する人が増えています。

no.3

盗聴器・隠しカメラ探し

テレビの映像が乱れたり、情報が漏れていた場合は盗聴器や隠しカメラを仕掛けられている可能性があります。探偵事務所には不審な電波をキャッチするような特殊な機材があるので、自分では発見できない盗聴器や隠しカメラも見つけ出してくれます。

no.4

ストーカー調査

ストーカーに対する規制は強まっているものの、証拠がなければ警察は動いてくれません。そのため、まずは探偵事務所にストーカー被害の証拠集めを依頼して、証拠が集まり次第警察と連携を取るという人が多いです。

no.5

婚前調査・信用調査

隠し子や借金など、これから人生を共にするパートナーに問題があれば、一緒に巻き込まれることになります。トラブルを未然に防ぐためにも、籍を入れる前に探偵事務所に調査依頼する人が増えています。

浮気の証拠を見つけたい!それなら探偵へ浮気調査依頼を

喧嘩

法律上の浮気の定義

人によって浮気の定義は異なりますが、法律上では夫婦間の貞操の義務違反に該当する行為と定められています。つまり、夫婦ではない第三者との肉体関係の有無が焦点となります。肉体関係の有無を立証することは難しいですが、場所によっては簡単に立証できます。例えば、飲食店やマンションで第三者と二人きりになっても肉体関係は認められませんが、ラブホテルであれば目的が明確であるため、入室したという事実さえ掴めれば浮気が立証できるでしょう。

男女

浮気をしやすい人の特徴

浮気しやすい人の特徴は男性と女性によって異なりますが、共通していえるのは飽きっぽいという点です。身の回りの物を定期的に買い替えるなど、飽きっぽい一面がある人には特に注意しましょう。また、口が上手くマメな人は異性からモテる傾向にあるので、本人にその気がなくとも浮気をしてしまうことがあります。周囲に言い寄る異性はいないか、目を光らせておくといいでしょう。

調査員

浮気の現場を押さえる方法

浮気現場を押さえるためには、まずは浮気相手との接触のタイミングを見極める必要があります。普段からパートナーの行動や携帯電話でのやりとりに注目して、浮気現場を特定しましょう。特定が難しければ、探偵事務所に依頼するというのも一つの手です。1人で浮気現場に乗り込めばトラブルに発展する恐れがあるので、プロに任せると安心です。

喧嘩

浮気調査を探偵に依頼するメリット

探偵事務所は法律にも精通しているので、ただ浮気の事実を突き止めるだけでなく、裁判で有利となるような証拠を集めてもらえます。離婚や慰謝料請求を視野に入れているのであれば、探偵事務所に調査依頼するといいでしょう。また、探偵事務所は調査に関して様々なノウハウを有しているので、本人にバレることなく浮気の証拠を押さえてもらいます。

ばれないよう調査することが大事

浮気をしている人は、普段よりも警戒心が強くなっています。浮気がバレる恐れがあるとわかれば、浮気相手との接触を控えるなど証拠がつかみにくくなるので、こちらが調査していることは決して悟られないようにしましょう。

浮気調査の目的とは

調査

浮気の事実を知る

離婚をするにしても、結婚生活を続けるにせよ、まずは事実確認が重要だといえます。そのため、まずは浮気の有無を確認したいという声が多いです。

相手と別れさせる

パートナーに動かぬ証拠を突きつけることで、浮気相手と別れてもらうという方法があります。パートナーがとぼけたとしても、証拠があれば言い逃れはできないでしょう。

離婚時の慰謝料請求

既に浮気をしているという事実を把握している場合、子供がいない限りは離婚を選択する人が多いです。離婚時に少しでも多く慰謝料を請求するため、探偵事務所に浮気調査を依頼する人が多いのです。

離婚の交渉を有利に進める

離婚調停中である場合、何か少しでも自身が有利になる材料が欲しいものです。そこで、浮気調査を依頼して、自身が有利になりそうな材料集めを行うのです。

相手への慰謝料請求

浮気相手へ慰謝料請求を行う場合、相手の身元がわからなければ請求書は送付できません。また、収入によって請求額は変わるので、まずは相手の身元調査を依頼する人が多いです。